投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


天国はゾンビだらけ・・・

 投稿者:ハミングバード  投稿日:2018年10月22日(月)23時26分44秒
編集済
  たしか土葬のお話からこうなったんでしたっけ。
では日本人のように火葬の場合どうなるのか・・・・
スパイダーマンのサンドマンみたいになってしまうのでしょうか。
ゾンビとサンドマンとどちらがいいか、と問われれば
ちょっとの差でサンドマンのほうがいいかな、と思われますので
息子に火葬を希望しておきます。

ところで父は大変に熱心なクリスチャンで、定年後神学校に通い牧師になった人ですから、
このわたくしの不謹慎な最後の審判の話は内密に願います。
まあ、かなり耳が遠くなっておりますので聞こえないとは思いますが。
 

Re:父の思い出(まだ生きてますが)

 投稿者:リワキーノ  投稿日:2018年10月22日(月)08時51分44秒
  ハミングバードさん

投稿へのコメントが遅くなってすみません!
パソコンの不調で四苦八苦してました。
筆まめの個人住所録のデータが消え去り、顧客から借りてきたDVDのデータがパソコンの
DVDプレーヤーに挿入したらまったく別の画像が出現し、顧客のDVDのデータを消してしま
ったのかと青くなりました。
幸い、顧客のDVDのデータはちゃんと残っており、パソコンの不調から来る誤作動が起き
て別の動画が現れたようです。
その原因も急に治った理由も判らないまま、今日は正常にパソコンは作動しています。

父の思い出(まだ生きていますが)には笑いました。
ハミングバードさんは普通に記しているのでしょうが、ハミングバードさんが語ると私は
どうしても笑えてしまうのです。
ほら、以前に「最後の審判の日には地上はゾンビだらけになるでしょうね」と記されたあ
のノリを感じてしまうのです。
ハミングバードさんの投稿は笑いを誘ってくれることが多いのでいつも楽しみにしています。

>五木ひろしや山口百恵を知らなければ宇宙人はおおげさですよ。

いいえ、おおげさではありません。
モー娘や葉加瀬太郎を知らなかったために仙人と言われた私なのですから、五木ひろしや
山口百恵だったら当然仙人以上、宇宙人です。

>何年か前に柳川下りにいったのですが、船頭さんが、客の中で一番長老の両親に気を使い、
>「おとうさん!おとうさん!」と昭和の芸能ネタをガンガンだしてくるのですが、
>父に全く通じず困りきっておられました。

面目躍如たるお父様のエピソードです。
しかし船頭さんにとっては災難でしたね。

>そのかわり、文学、歴史、美術、哲学などなどの知識は深く
>子供のころTVで見て興味をもった歴史的事柄や人物について、
>知りたければいくらでも答えてくれましたし本もたくさんありました。

素晴らしいことです。しかしそのくらいの深く広い教養をお持ちでしたら、人類の快楽の
歴史や人間性の中の変態的要素についても知見があるはずですから、真面目にその方面の
話題をされたら対応してくれるのではないでしょうか。
たとえばマルキ・ド・サドとかジョルジュ・バタイユ、渋澤龍彦などのと通常身を引きた
くなるような作家たちについてのお父様の所見を尋ねられたらどんな対応をされるか、興
味深いです。

>つい最近も「モンテーニュってどう?」と聞いたら、本が4冊ほど送られてきましたし

「エセー」ですね。人間性への優れた洞察力にマキアヴェッリの「君主論}と共に三十代のこ
ろの私に大きな影響を与えた著作です。

>「源氏物語」が読みたいといえば、「うちに何冊かあるよ」(何人かの訳で。
>原語を読んだかどうかは不明)

「源氏物語」を原語(古文)で読まれたのでしたら尊敬します。
「平家物語」や「太平記」は古文でも何とかかろうじて意味が判りますが、主語の記述が
しばしば欠落する「源氏物語」の文体は私にとっては完全に外国語です。
ちなみに私は瀬戸内寂聴の現代語訳で読みましたが、深い感銘を受けました。
あまりにも面白いので寂聴さんが付加的記述を加えているのではと原文を調べたのですが、
私が調べた範囲ではそれは一切無かったです。

>酒、タバコ、賭け事はもちろんのこと、ゴルフもカラオケもやらず。
>よく企業で生き残れたものですね。

教養と信念に裏付けされた優れた資質の人を一流の企業がおろそかにするはずがありません。
ゴルフやカラオケの付き合いが良いことなんか出世への影響は些細なものでしょう。
 

父の思い出(まだ生きてますが)

 投稿者:ハミングバード  投稿日:2018年10月12日(金)11時27分1秒
  リワキーノさん、
五木ひろしや山口百恵を知らなければ宇宙人はおおげさですよ。
下の写真の紳士〔外国人のほう)だってご存知ありませんよ、きっと。
まあ、日本人で知らなければ相当変わってますが・・・

件の父ですが、
一緒にドラマや歌番組を見たことは一度もありませんでした。
カラオケなどもいったことがないと断言できます。
行っても歌える歌はないでしょう。賛美歌は歌えますが。
何年か前に柳川下りにいったのですが、船頭さんが、客の中で一番長老の両親に気を使い、
「おとうさん!おとうさん!」と昭和の芸能ネタをガンガンだしてくるのですが、
父に全く通じず困りきっておられました。

そのかわり、文学、歴史、美術、哲学などなどの知識は深く
子供のころTVで見て興味をもった歴史的事柄や人物について、知りたければいくらでも答えてくれましたし本もたくさんありました。
つい最近も「モンテーニュってどう?」と聞いたら、本が4冊ほど送られてきましたし
「源氏物語」が読みたいといえば、「うちに何冊かあるよ」(何人かの訳で。原語を読んだかどうかは不明)
酒、タバコ、賭け事はもちろんのこと、ゴルフもカラオケもやらず。
よく企業で生き残れたものですね。
 

この御仁は誰でしょう?

 投稿者:リワキーノ  投稿日:2018年10月 8日(月)12時06分52秒
  左の人は私の古くからの友人、ハレルヤチョーのオーナーCho氏です。
では右側の人は?
今はアメリカに住んでいますが、元は大変高貴な家柄に生まれた人であります。

Cho氏が所蔵するサルバドール・ダリ作品のライセンスを取得して作られた宝飾品のコレ
クションに強い興味を示したためにこの紳士との出会いが実現したそうです。

さてこの御仁は誰でしょう?

k.mitikoさんならお判りなのでは・・・
 

Re:RE 安室奈美恵

 投稿者:リワキーノ  投稿日:2018年10月 6日(土)13時44分19秒
  安室奈美恵の名前は知ってましたよ。
有名な歌手ということも。
ただスーパースターのような存在であるということを引退公演の沖縄報道を見るまでま
ったく知らなかったということです。

>むかーし、休暇で日本に帰ったら
>東京の地下鉄で、やたらストレートのロングヘア、
>ミニスカートに厚底ブーツの女の子たちが多くてびっくりしました。
>見慣れない者にとっては異様なほどの光景でした。
>いとこが、「アムラー」っていうんだよって教えてくれました。

そのスタイルの女の子たちのことは私も鮮明に記憶に残っています。
そうなんですか。あれがアムラーなのですね。
何でも話題にしてみるものですね。

>父は五木ひろしもたぶん知りません。
>山口百恵なら知ってるかも・・・いや、あやしいな。

まさか!
この二人を本当に名前も知らなければそれは宇宙人ですよ。
お父様は週日には民間会社の部長で日曜日には牧師に変身される方でしたが・・・
        ↑
(相当に変わっている御仁、という意味)
 

Re: RE 伴奏は伴奏、独奏は独奏と割り切っております。

 投稿者:リワキーノ  投稿日:2018年10月 6日(土)13時42分33秒
  プレリュードを弾いたり聴いたりすると、自動的ににグノーのメロディが頭の中を流れて
しまう、とはどうしようもないですね。
これって一種の洗脳ですよね。
分割できる私とそれができないハミングバードさんとではどこが違うのでしょう。
科学的に誰か証明してくれないものかしら。
 

RE 伴奏は伴奏、独奏は独奏と割り切っております。

 投稿者:ハミングバード  投稿日:2018年10月 6日(土)11時35分2秒
編集済
  つまり全く別の曲として聴けるということですね。
私は割り切ろうにも割り切れないのですよ。
プレリュードを弾いたり聴いたりすると、自動的ににグノーのメロディが頭の中を流れてしまうのですから!もう完全にセットになってしまっているのですね。
どんなにがんばっても「プレリュード」だけで聞えてこないんです。

この曲をレッスンするときなど、「これはバロック」と自分に言い聞かせてますよ。
でも生徒の演奏よりも、自分の頭の中のAveMariaのほうが強く流れてくるんですぅ。

 
 

Re:リワキーノさん、お見事!

 投稿者:リワキーノ  投稿日:2018年10月 5日(金)23時53分49秒
  ハミングバードさん

お褒めの言葉を有り難うございます。
しかしプロのピアニストであるハミングバードさんから見たら傷だらけの私の演奏をす
ばらしい、と言ってくださるのはひどく面はゆい思いです。

この曲を聞くと勝手にグノーのアヴェマリアの曲が想起するので好きではないというお
言葉は大変興味深かったですね。
私はグノーのアヴェマリアの曲も好きですし、その伴奏に使われたからと言ってプレリ
ュードハ長調を嫌いにもなりません。
伴奏は伴奏、独奏は独奏と割り切っております。
情熱の花とエリーゼについても然りです。

グノーのアヴェマリアに使われた伴奏曲は原曲から5度下のヘ長調で演奏されていますね。
下記の演奏を参照のこと。
マリア・カラスの演奏です。
https://www.youtube.com/watch?v=53VGeXpPOeo

しかし私もグノーのアヴェマリアに対するハミングバードさんと同じような想いの曲は
あります。
森繁久弥が歌って一世を風靡した「知床旅情」です。

私にとって心のふるさとである「早春賦」のメロディーに酷似したこの歌謡曲の出現に
は激しい嫌悪感を感じ、その後、その嫌悪感は薄らいでいったものの、決してこの曲を
好きになることはありませんでした。

音楽の奏でる諸作品には人それぞれの思い入れがあるようですね。
 

RE 安室奈美恵

 投稿者:ハミングバード  投稿日:2018年10月 4日(木)08時54分28秒
  リワキーノさん、
海外生活30年の私ですが、私は知ってましたよ!歌を聴いたのはつい最近ですが。
むかーし、休暇で日本に帰ったら
東京の地下鉄で、やたらストレートのロングヘア、
ミニスカートに厚底ブーツの女の子たちが多くてびっくりしました。
見慣れない者にとっては異様なほどの光景でした。
いとこが、「アムラー」っていうんだよって教えてくれました。

変なのがはやってるんだな、まあ、そのうちに消えるのね、なんて思ってたら
あれから約20年でしょうか、スターでありつづけてきたことはすごいですね。
しかも、たぶんですがバラエティ番組やドラマなどにも出ずに、ステージだけで
走り続けてきたようですから。

それにしても日本で安室奈美恵を知らないのはリワキーノさんと私の父くらいだと思います。
父は五木ひろしもたぶん知りません。
山口百恵なら知ってるかも・・・いや、あやしいな。
 

リワキーノさん、お見事!

 投稿者:ハミングバード  投稿日:2018年10月 4日(木)08時43分26秒
  リワキーノさんの演奏拝聴しましたよ。すばらしい。
どんどん挑戦なさってください。

でも私はこの曲は好きではありません。
なぜならこの曲が流れてくると、頭の中に勝手にグノーのアヴェマリアのメロディーが流れ出し
もはやバッハのプレリュードとして聞くことができないからです。
だから当然弾くこともありません。グノーの伴奏としてしか。
別にエリーゼのためにをきいたからといって、「情熱の花」の歌詞が・・・なんて現象は
起きないのですがね。

そういえば、このプレリュードを弾いて、先生に
「なぜそんなところで(フレーズを)切るんだ?」ときかれ
「歌詞がここで切れるからです」と大真面目に答えた学生がいましたっけ。
 

/183